3.マイク・機材

【アカペラ】BETA58Aをパーカス用マイクに使ったらめっちゃよかった話

この記事に書いてあること

  • 3年近く使ったBETA57→BETA58Aに乗り換え
  • 高音域をうまく出せていなかった僕には、BETA58Aのほうが使いやすかった
  • SM58よりもスネアの抜けがよく、バスドラムもクリアな印象になりGood!
  • ライブハウスでSM58と混在しても問題なし(指摘されたことなし)
  • 持ち替えなしでボーカルマイクとしても使えるし、かなり使い勝手◎

 

それでは、いってみましょう〜!

高音域をうまく出せていなかった僕には、BETA58Aのほうが使いやすかった

3年近く使ったBETA57→BETA58Aに乗り換え

 

まだアカペラを初めて間もなかった僕には、ハードルが高かったです。

 

その時の様子をまとめたBETA57のレビュー記事がこちら。

【アカペラ】ボイパ用マイクにBETA57を買ってみた感想この記事では、ボーカル用マイクとして「BETA57」の購入を検討している方向けに、実際に購入し、使用した感想をまとめています。 ...

 

まずは、きちんとマイクを使いこなして、きちんと音をマイクに入れられるようになることが大事。その上で、こだわるのがいいと思います。

 

その点で、BETA58Aは指向性もちょうどよく、かつパーカッションで綺麗に拾って欲しかった音域「中〜高音域」をうまく拾ってくれました。

SM58よりもスネアの抜けがよく、バスドラムもクリアな印象になりGood!

音質も非常に満足しています。

 

ライブハウスでSM58と混在しても問題なし(指摘されたことなし)

 

持ち替えなしでボーカルマイクとしても使えるし、かなり使い勝手◎

 

結論、アカペラのパーカス用マイクとして、総合的にかなりおすすめです。

おわりに

本当はデメリットというか「う〜ん。。」という点もあげたかったのですが、特に思い当たることがなかったので割愛しました。

 

ちなみに、過去ライブでご一緒したPAさんから、

 

「中音域を意図的に持ち上げるマイクを使ったほうが、よりスネアが鳴りやすくなって、思い描いてる音に近づくんじゃないか」

 

というアドバイスをいただいたことがあります。その時お借りしたマイクは、ゼンハイザーだったような気がします(少し前なので定かではないですが…)

アカペラ用のマイクはどれがいい?定番のボーカルマイク特徴まとめライブ出演の機会が増えてくると、自分のマイクが欲しくなりますよね。 家でヒューマンビートボックスやボイパの練習をしたい時も...

 

SM58や、BETA58Aなど定番のマイクを使いこなしたら、そういった自分にあったマイクに挑戦するのもよいのではないでしょうか。

 

▼今回ご紹介した「BETA58A」

 


▼ド定番のボーカルマイク「SM58」

 


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
しげ(ボーカルパーカッション)
学生時代からアカペラサークルで活動し、ライブ企画やイベントスタッフを経験。「歌がうまい=モテる」への反骨精神(アンチテーゼ)から、ライブパフォーマンスやステージングの研究を始める。ライブ演出・ステージングのネタ、プロアーティストのワークショップなどで得たおもしろ練習法を発信しています。

おたべブログでは、アカペラの豆知識・初心者向けアカペラ上達のネタ・ライブパフォーマンスやステージング、アレンジ、マイク&機材などのコンテンツを随時更新中です!

他の記事を見てみる