アカペラの定義

アカペラの意味

※この記事は「アカペラとは」の抜粋&リライト版です。

 

“アカペラ”とは、元々「教会風の」「礼拝堂風の」という意味を持つ言葉です。今では「無伴奏で」という意味で使われています。

 

そもそもどういった経緯で”アカペラ”が生まれたのでしょうか。

まずはその成り立ちをみていきましょう。

アカペラは、当時流行りだった派手な教会音楽に対抗して作られた音楽

“アカペラ”が生まれたのは、ルネサンス期にまで遡ります。当時はとても派手で複雑な教会音楽が盛んで、本来神様への祈りや感謝を歌うはずが、その歌詞さえも聞き取れないほどに複雑化していたそうです。

 

>参考サイト:Wikipedia ア・カペラ

>参考サイト:語源と歴史 – Let’s アカペラ

 

そんな状況をみかねて生まれたのが、「複雑なつくりをやめて、もっとシンプルで歌詞や想いが届けられる形式の教会音楽」

 

つまり、“アカペラ”なのです。

“簡素化した形式”が転じて、無伴奏=アカペラに

その後、教会音楽以外でも”簡素化された形式の音楽”をアカペラと呼ぶようになり、今では”無伴奏”や”楽器を使わない形式”のことを指す言葉となっています。

 

日本ではゴスペラーズやハモネプが有名ですね。

 

ちなみに、海外はもちろん、日本でもプロのアカペラグループが存在します。ゴスペラーズ以外にも知る人ぞ知る有名アーティストがたくさんいます。

 

ぜひ一度聞いてみてください。

 

>関連記事:アカペラ初心者におススメ!これだけは聴いてほしいアカペラ曲まとめ

ゴスペルとの違いについて

似たような言葉で、ゴスペルというのがあります。

 

ゴスペルはどういった音楽を指す言葉なのでしょうか。

 

Wikipediaによると、

奴隷としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人は彼ら独自の言語・宗教などをいっさい剥奪された。その苦しい状況下で、彼らのうちのある人々は、救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、キリスト教への改宗を経て、神に彼ら独自の賛美をささげるようになった。

引用元:Wikipedia ゴスペル(音楽)

とあります。

 

つまり当時の黒人たちが、神への祈り、生きる希望、魂の叫びを歌にしたのが”ゴスペル”なのです。

 

>関連記事:アカペラとゴスペルの違い

アカペラを始めよう!

さぁ、ここまでで”アカペラ”について、とても詳しくなってのではないでしょうか?

 

ここからは少しだけアカペラってどうやるの?についてお話しします。

アカペラに必要なもの

アカペラは、一見するととても難しいことをやっているように見えるかもしれませんが、実は非常にシンプルです。

 

必要なものは、”人”と”楽譜”だけ。

 

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

>関連記事:アカペラってどうやるの?

>関連記事:初心者がアカペラを始めるまでの3ステップ

アカペラサークルに入ろう

楽譜はともかく、アカペラをやってる人が回りにいないと、一緒に歌ってくれる仲間を見つけるのはとても難しいと思います。

 

ですが、安心してください。大学はもちろん、社会人でもアカペラサークルというものが存在します。

 

大概のサークルでは、アカペラ初心者でも楽しめるように皆で練習する時間があったり、ベテランのアカペラーさんが教えてくれたりします。

 

ぜひ、あなたの地域にアカペラサークルがないか、ネットで検索してみてください。

 

>関連記事:アカペラサークルって、どんなサークル?【大学生篇】

>関連記事:アカペラサークルって何するの?【社会人篇】

まとめ

いかがでしたでしょうか。アカペラの意味、おわかりいただけたでしょうか。

 

それでは本記事のまとめです。

  • アカペラのルーツは教会音楽
  • 今では無伴奏という形態を指す言葉
  • ゴスペルは讃美歌を指す言葉

 

アカペラ系エンタメグループ”おたべ”のブログでは、アカペラを始めたばかりの皆さんも、もっともっとアカペラを楽しみたい!上手くなりたい!という皆さまにも楽しんでいただけるような、

 

アカペラをもっと楽しむアイデア

 

を発信しています。

 

ぜひ一度、他の記事も読んでみてね。

 

↓アカペラのことをもう少し詳しく知りたい方↓

アカペラってどうやるの?

 

↓アカペラを始めてみたいと思った方↓

初心者がアカペラを始めるまでの3ステップ

 

↓アカペラサークルのことを知りたい方↓

アカペラサークルって、どんなサークル?【大学生篇】

アカペラサークルって何するの?【社会人篇】

ABOUT ME
しげ(ボーカルパーカッション)
学生時代からアカペラサークルで活動し、ライブ企画やイベントスタッフを経験。「歌がうまい=モテる」への反骨精神(アンチテーゼ)から、ライブパフォーマンスやステージングの研究を始める。ライブ演出・ステージングのネタ、プロアーティストのワークショップなどで得たおもしろ練習法を発信しています。