よくある質問(FAQ)

アカペラサークルって、どんなサークル?【大学生篇】

こんにちは、しげです!

 

この記事では、僕の経験をもとに

  • 大学のアカペラサークルってどんなことするの?
  • 初心者でも大丈夫?
  • アカペラを始める人は、どんな人が多いの?

 

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

結論、初心者でも全然大丈夫!

むしろアカペラは大学から始めることが多いから、他のサークルよりもハードルは低いと思いますよ!

アカペラサークルってどんなことするの?

大きくは「グループを組む」「練習」「ライブ」の繰り返しです。

 

どうやってグループを組むかはサークルによりまちまちですが、

  1. 最初のうちはサークルの先輩が作ってくれた仮のグループに所属して、やり方を教えてもらう
  2. ある程度時間がたつと自分たちでサークルのメンバーに声をかけて、好きなメンバーとグループを組み、自分たちで練習する
  3. 週に一度(あるいは月に一度)サークル員が集まり、発声練習やミーティング的なことをすることもある

 

が基本的な流れだと思います。

 

自分のグループを組んだあとは、野球部が野球の「練習」「試合」を繰り返すように、ひたすら歌う「練習」「ライブ」を繰り返すのです。

まずは「アカペラグループ」を組む

グループを組むためには「誰かに誘ってもらう」か「自分で作る」のどちらかが必要です。

 

残念ながら、先輩やサークルが「あなたはこの人グループを組みなさい」というように斡旋してくれるパターンは少ないと思います。

ただし、先輩の中には「あの子グループを組めてないらしい」という情報を聞きつけると、積極的に誘ってくれる先輩もいます。

とにかく自分でなんとかしないと全くアカペラが出来ないというわけではありませんので、ご安心を!

 

サークルでの全体練習や、カラオケなどで歌声を聞いて、

しげ
しげ
コイツ、、出来る!!

となると、他から声がかかります。

しげ
しげ
コイツ、、オモシロい!!

となると、これまた他から声がかかります。

 

声をかけてもらって、やってみようかなと思ったらそのグループに入りましょう。

 

…声がかからない場合、、

 

「コイツ、出来る!」「コイツ、オモシロい!」となった人に声をかけましょう。

 

どんなグループを組みたいか、どんな音楽をやりたいか、いわばグループのコンセプトをプレゼンして、メンバーを集めるのがいいと思います。

サークル活動のほとんどは「アカペラの練習」

さて、メンバーを集めたら、いよいよ「練習」です。

 

アカペラってどうやるの?」でも触れていますが、アカペラはそれぞれのパートが重なり合ってハーモニーや感動を作り出す音楽です。

 

アカペラサークルの活動のほとんどは、そのための「練習」

 

ハモる練習はもちろん、リズムの練習もするし、リードボーカルの練習もします。ボイストレーニングに通うこともあるし、家でひたすらボイスパーカッションの練習をする時間も必要です。

 

僕が所属していたサークルは、みんなで楽しくやろうよ!という感じのサークルでしたが、アカペラサークルは、どんなにゆるいサークルでもしっかり練習する必要があります。

 

なぜなら、普通にやってもハモれないから。

 

ハモったらもちろん楽しい。だからみんなアカペラサークルに入るわけですが、普通にやってもハモれないなら練習するしかありませんよね。

 

他のサークルに比べると、そのための練習時間は非常に長いと思います。

サークルライブや外部イベント、意外と「ライブ」も多い!

とはいえ、練習ばかりでは満足できませんよね。せっかく練習したからには、誰かに見てほしい、聴いてほしい、発表したい。

 

そのため、アカペラサークルでは「ライブ活動」も積極的に行われます

ライブ活動①:サークルライブ

サークルライブとは、そのアカペラサークルに所属するメンバーが出演するライブのことです。合唱経験者の人には、定期演奏会と言ったほうがわかりやすいでしょうか。

 

多くのサークルは、近くのライブハウスを借りて、サークルライブを企画する場合が多いように思います。

 

アカペラ用のライブハウス、というのはない(探せばあるのかもしれませんが、私は聞いたことがない)ので、

 

普通の楽器バンドが演奏するライブハウスを同じようにお金を払って会場を借りて、サークルライブを行います

 

当然、会場を借りる時間や金額には制限があるので、大きなサークルになると、出演できるグループ数も限りが出ます。

 

サークルによっては、そのサークルライブに出るためのオーディションを行うところもあります。

 

関西でいうと、大阪大学や京都大学のサークルライブは非常にレベルが高く、オーディション自体をライブハウスで行う、とも聞いたことがあります。

しげ
しげ
大手さんはすごいな…(遠い目)

ライブ活動②:外部イベント

サークルライブ以外にも、もちろんイベントはたくさんあります。

  • 大学間の交流ライブ
  • アカペラコンテスト
  • 所属グループの企画ライブ
  • 外部で企画されるアカペライベント
  • 地域の音楽系イベント、あるいはお祭りなど

 

上記以外にもとにかく様々なアカペライベントが企画されています。

 

中にはオーディションとまではいかなくても、参加申し込みの際に音源の提出を求められるものもあります。ぜひ様々なイベントに参加してみてください。今では全国津々浦々、どこでも何かしらアカペライベントがあります

関西では、「よりアイという社会人・学生関係なくだれでも参加できるアカペライベントがあります。

通常のステージの他、その場のセッションを楽しむ”飛び入りステージ”や、出演者全員でアカペラを歌う”みんなで歌おう”など、色々な形でアカペラを楽しむことが出来ます。

時には、プログループのステージもあり、楽しみつつ勉強にもなるという美味しいイベントですよ。

公式サイト:http://yoriaiproject.com/

経験者はほぼゼロ!アカペラ初心者でも大丈夫!

さて、ここまでアカペラサークルの「練習」「ライブ」について見てきました。

 

…ちょっと長いですよね、ごめんなさいw

というわけで、ここからはサクッとQ&A形式でいきましょう。

 

Q. 初心者でも大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。というか、そもそもアカペラ経験者なんてほぼゼロです。

アカペラ部がある高校は全国的にもまだ珍しい。ハモネプに出たい!という高校生たちが集まってアカペラをすることはもちろんありますが、その人口はめちゃめちゃ少ない。

ビートボックスをやっていたからアカペラが出来るか、というのも別物です。安心してください。

 

Q. アカペラを始める人は、どんな人が多いですか?

A. 個人的な経験ですが、

  • もともと合唱をやっていて、ハモるのが好きな人
  • 体育会系文化部とされる吹奏楽から歌に転向
  • ハモネプ好き
  • 友だちの付き合いでたまたま(実は一番多い?)

が、多いように思います。

 

小さい頃からピアノをやっていました、という人もいるにはいますが、意外と長続きしないのです。音楽に精通していること、音感が良いことと、歌がうまいことはまた別物なのでしょう。

 

Q. ゴスペルとはまた違うのでしょうか。

A. 違います。

が、歌を楽しむ、歌で楽しませるという部分は共通しています。どちらのサークルも顔を出して、自分が気持ちよく歌えるほうを選ぶのが良いかと思います。

 

Q. 合唱を続けるかアカペラにするか悩んでいます。

A. 合唱経験者がアカペラに転向したとき、はじめは意外と苦労します。といっても、僕は合唱経験者ではないので、周りの合唱出身者の話を聞いた上での意見なので、あまりはっきりは言えませんが、

  • 合唱は「正しい発声」があり、その発声を突き詰めてきた人たち×大勢。
  • 正解がない「発声」×6人がハモろうとするのがアカペラ。

 

近年のアカペラは、エンターテイメント性も求められます。それがしっくりこなくて、ハモらへんわ~思ってたんとちゃうわ~と、戸惑う人も多いようです。

しげ
しげ
とはいえ、やはりそのハモり力は間違いなくプラスになります。戸惑いを乗り越えた先の最高にエンターテイメントな世界に、ぜひ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。きっとやめられなくなりますよ!

他にもしなにか聞いてみたいことがあれば、こちらの「問い合わせフォーム」からご連絡ください。

実際は検討中のサークルの方に直接問い合わせいただくのが一番ですが、何か聞きにくいことなどがあれば、僕でよければ相談に乗らせていただきます。

アカペラサークルと他サークルの決定的な違い

最後にひとつだけ、アカペラサークルに向いてない人の話をします。

 

時間が守れない人です。

 

アカペラは他のサークルと違い、あなたがいないと音楽が成り立ちません。アカペラは一人ひとりの責任が非常に重い音楽なのです。

 

大学に入ったらバイトもすると思います。僕のように他のサークルとの掛け持ちをする人もいると思いますし、恋愛もしてください。失恋すると歌が上手くなります、経験者が言うんだから間違いありません。

 

ただし、自分がいなかったらグループに相当迷惑をかけるということは自覚してください。

 

練習に来ないならまだしも、ライブ当日に遅刻したとなると、グループどころかそのサークル全体に迷惑がかかることもあります。絶対にやめてください。

 

アカペラにおいて、あなたの代わりはいないのです。

 

とにかく時間と約束を守りましょう。

 

ただ、たったそれだけきちんと守れれば、

アカペラを通じて最高の仲間出会い、最高の青春を謳歌出来ること間違いなしです。

まとめ

では、本記事のまとめです。

  • アカペラサークルの活動は「グループを組む」「練習」「ライブ」
  • 活動のほとんどは「ライブ」のための「練習」
  • メンバーはほとんどアカペラ初心者。たまに合唱、吹奏楽経験者も

 

アカペラサークルに入ったことで、人生が変わってしまうこともあります。

>「絶対にアカペラサークル入ってはいけない理由10選

 

まぁ考え方は色々ですからね。とにかく一度経験してみて、楽しかったら続ける、飽きたらやめればいいかなという気もします。大学のサークルってそういうもんですよ。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
しげ(ボーカルパーカッション)
学生時代からアカペラサークルで活動し、ライブ企画やイベントスタッフを経験。「歌がうまい=モテる」への反骨精神(アンチテーゼ)から、ライブパフォーマンスやステージングの研究を始める。ライブ演出・ステージングのネタ、プロアーティストのワークショップなどで得たおもしろ練習法を発信しています。