4.アカペラ楽譜の作り方

ドレミファソラシドにアルファベット読みがあるのはなぜ?

こんにちは、しげです!

 

この記事では、ドレミファソラシドとアルファベット読みの違いとその理由について、解説していきたいと思います!

ドレミとアルファベット読みの定義的な違い

ドレミファソラシドとCDEFGABというアルファベット読みは、明確に定義が異なります。

 

  • アルファベットは、音自体の名前
  • ドレミファソラシドは、音程の距離感を示す言葉

てす。

CDEは音自体の名前

一般的に思い浮かべる「ド」の音。

 

この「ド」の音は、厳密にはCという名前の音程です。

 

「レ」はD、「ミ」はEというように、それぞれの音程に名前がついています。

 

仮にハ長調ではない(例えば、イ短調とか)だったとしても、いわゆるピアノのドの音程の音は、Cという名前だし、ラの音程の音はAと呼びます。

 

調が変わろうが、その音程の名前は変わることはありません。

ちなみに、ドイツ語読みです

ドレミは音の高さの距離感を示す名前

一方、ドレミファソラシド読みは、

 

「ド」の全音一つ分上の音を「レ」、さらにその全音一つ分上の音を「ミ」、その半音上が「ファ」…

 

というように、

「ド」を基準とした音の距離感を示したものです。

 

例えば「C」の音をドとするのであれば、

ドレミファソラシド

CDEFGABC

ですが、

 

「G」をドとした場合、

ドレミファソラシド

GABCDEF#G

となります。

「ド」の位置をCに固定して音程を考えることを「固定ド」

「ド」の位置をCに固定せず、曲の調に合わせて変えて考えることを「移動ド」といいます。

アルファベット読みを覚えるメリット

なぜこのような使い分けをする必要があるのでしょうか。

 

ピッチパイプはアルファベット表記

和音を覚えやすい

なんかかっこいい

アカペラではよく使われる

最初、Dの音鳴らして~

 

ここの和音Em(イーマイナー)やからE強めに出していいよ

 

”ツェー”の音、しっかりハモろか

 

まとめ

  • CDEは音自体の名前
  • ドレミは音の高さの距離感を示す名前
  • 音楽やる上では、CDEがわかるほうがなにかと便利

 

ABOUT ME
しげ(ボーカルパーカッション)
学生時代からアカペラサークルで活動し、ライブ企画やイベントスタッフを経験。「歌がうまい=モテる」への反骨精神(アンチテーゼ)から、ライブパフォーマンスやステージングの研究を始める。ライブ演出・ステージングのネタ、プロアーティストのワークショップなどで得たおもしろ練習法を発信しています。

おたべブログでは、アカペラが楽しくなるようなアイデアを発信しています。

アカペラの定義や豆知識・初心者向けアカペラ上達のネタ・ライブパフォーマンスやステージング、アレンジ、マイク&機材などのコンテンツを随時更新中です!

「アカペラ上達のネタ」を他にも見てみる