4.ライブ&パフォーマンス

【ライブステージング】アカペラのステージでカッコよく前に出るコツを徹底解説

[temp id=4]

 

アカペラライブで定番のステージング「一歩前に出る

 

今回は、他のアマチュアグループと一線画す「カッコよく前に出るコツ」を大きく4つ紹介したいと思います。

コツ①:ステージングは、とにかく動き始めを揃える

まず、ライブでのステージングがカッコよくなるかどうかは、動き出しがすべて!です。

 

そんなもん言われなくてもわかっとるわ!

 

と、思ったあなた。

 

細かいところまで、こだわろうと思えばこだわるポイントはたくさんあります。

 

前に出るステージングで特にこだわってほしいのは、一歩目の着地。どのタイミングで前に出るかを決めるグループは多いですが、実はそれではまだまだ甘い。

 

プロアカペラアーティストで、ステージングがカッコいいグループのステージを改めて見てみてください。前に踏み出す足が浮き上がるタイミング~着地までが完ぺきに揃っています。これが揃っているかどうかがめちゃくちゃ大事。

 

下記の動画の2:20を見てください。スコットは遅れて前に出ていますが、それ以外のメンバーは足が浮くタイミング、着地、歩幅、動作のスピードなど、すべてが完全に一致しています。

 

▼Tell Me What You Want/Rockapella

 

前に出るタイミングを揃えるには、一歩目の着地が一拍目にくるようにすると非常にカッコよく決まります。足が浮くのは、必然的に半拍ほど前になりますが、それもメンバーで揃えるようにしましょう。

コツ②:とにかく大きく、ゆっくり動いて”動いてる感”を演出する

続いては動き方。前に出るということは、見ている人に「お、前に出てきたぞ!」と思わせなければなりません。なんとなくゆらゆら動いている延長で前にぬるっと出ちゃダメ。

 

前に出ましたよ、という演出をするためには、動作はゆっくりと大きくすることが大切です。すり足で前に出るのはもったいない。きちんと足を浮かして「歩いてます!!」とアピールしましょう。前に出る幅も大きく取るべきです。

 

下記の動画の3:15あたりでは、前述の”一拍目着地”に加えて、全員がはっきりゆっくり前に出ています。広いステージの最奥部から最前線まで、全員が同じ拍感で前に出てくるので、その迫力たるやすさまじいものを感じますね。

 

▼Good Times/The Real Group

 

しっかり前に出ていることを演出するために、ゆっくり・大きく動きましょう。早く前にたどり着きたい気持ちもわかりますが、そこはぐっと我慢。恥ずかしくても、思いっきりお客さんの視線を集めることが重要です。出る幅としては、客席からみて前に出たとわかるくらい大きく、というのが一つの基準です。

コツ③:コーラスは、半歩下がるのが効果的

3つめのコツは、前に出ない残りのメンバーの動きです。ボーカルが”前に出た感”を出すために、コーラスは半歩後ろに下がってあげましょう。

 

ステージングにおける最近トレンド(そんなものあるのか…?w)としては「前線にリード、両サイドにボイパ&ベース、コーラスは後衛」という3列体制が基本。

 

特に、海外アカペラ市場では、エンターテインメント要素がどんどん強くなり、ステージングはガンガン動いて当然!ただ歌うだけではなく、どう魅せるかがだいじになっている傾向にあります。そのため、2列よりも3列体制で、ステージを広く使いながら、より立体的な演出をするようにトレンドが変わってきています。

 

▼Sing Off時代のペンタトニックスは、この頃からガッチリ3列体制

 

▼ザビエルズも3列体制が基本

 

前に出ない人もステージングに参加する。コーラスは半歩下がって、3列体制が最近のトレンド

※ボーカルが前に出ると同時に、コーラスが後ろに下がって3列体制になるステージング動画が見つかれば、後日追記する予定です。

コツ④:ステージ上では、絶対に目線を下げない

最後のコツは”目線”。前に出るステージング、あるいは後ろに下がる際には、足元だけでなく目線にも注意しましょう。

 

ステージ上を移動する際、足元がどうしても気になってしまい、下を向きながら動いてしまう人がいますが、これも基本的に非常にもったいないです。勇気をもって目線は下げない。マイクシールドも触らないようにするのが効果的です。

 

日頃から下を見ながら歩く癖のある人は、ステージングのためと思って、目線を上げて前を向いて歩く練習をしましょう。

 

目線は常に前を向いて。足元を見ずに移動するだけで、こなれ感を演出できます。

まとめ

いかがでしたか。前に出るステージング、次のライブではカッコよくできそうでしょうか。

 

それでは本記事のまとめです。

  • ”動き出し”にこだわる。一歩目の着地は一拍目に合わせる
  • 大きく、ゆっくりと”歩いてる感”を演出
  • 前に出る人以外は、あえて”半歩下がる”
  • 目線は下げない。マイクシールドも触らない

 

以上に気を付けるだけで、前に出た時のインパクトが大きく変わります。プロアーティストのステージを研究すると、必ず上記のようになっている(はず…)なので、ぜひ一度そんな目線でプロのステージを研究してみてください!

 

↓↓その他、ステージングに関する記事↓↓

アカペラライブを盛り上げる基本の考え方 – アカペラ初心者向け5つのポイント

超簡単!アカペラのステージングが抜群にレベルアップする3つのコツ

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

[temp id=2]

ABOUT ME
しげ(ボーカルパーカッション)
学生時代からアカペラサークルで活動し、ライブ企画やイベントスタッフを経験。「歌がうまい=モテる」への反骨精神(アンチテーゼ)から、ライブパフォーマンスやステージングの研究を始める。ライブ演出・ステージングのネタ、プロアーティストのワークショップなどで得たおもしろ練習法を発信しています。

おたべブログでは、アカペラが楽しくなるようなアイデアを発信しています。

アカペラの定義や豆知識・初心者向けアカペラ上達のネタ・ライブパフォーマンスやステージング、アレンジ、マイク&機材などのコンテンツを随時更新中です!

「アカペラ上達のネタ」を他にも見てみる